「25年間ありがとうございます」

  • 男性

    神奈川県T.K様56歳男性

    もう20年以上愛用しております。頭皮の脂を乳化する実感は他社の製品では全く味わえない素晴らしいものです。

  • 男性

    栃木県K.H様42歳男性

    15年間使用しておりますが抜け毛もほとんどなく、ハリ、ツヤもあります。薬用コンディショナー&シャンプーのおかげです。

  • 男性

    北海道H.N様71歳男性

    20年以上使用(毎日の朝シャン)しているが、特に抜け毛対応には十分効果があると確信している。

  • 男性

    愛媛県T.H様44歳男性

    以前からずっとここだけの商品を使い続けてきました。途中で、いろいろな商品に出会いましたが、最終的にはやはり御社の製品が自分には一番合っていました。これからもよい商品を末長くお願い致します。

  • 男性

    北海道N.H様39歳男性

    いつもお世話になりありがとうございます。もう10年程利用していますが、髪が元気なのと、遺伝的に薄くなっても仕方ないと思いながら、フサフサをキープできているのが嬉しいです。

  • 男性

    福岡県H.K様48歳男性

    父が、30代後半でハゲて居たので若ハゲを心配して長年フォーミュラシャンプーとコンディショナーを愛用しています。今年48歳になりますが、お陰様で毛髪を維持できています。

  • 女性

    神奈川県H.Y様62歳女性

    使用して6年ぐらいにはなるかもしれません。友人に少しわけて頂き、使った時の髪のボリューム感におどろき、さっそく申し込みました。使い続けているので最初の頃のおどろきはなくなりましたが、あまり髪の事を気にしないでいられるという事は、効果ありだと思っています。

  • 女性

    東京都KM様43歳女性

    長年使用していますが、髪にツヤ、ハリがでることが、気に入ってます。

ヘルシンキ大学で研究を費やし完成

ヘルシンキ大学で
5年の研究を費やし完成された育毛剤

フィンランドのヘルシンキ大学において、研究中、
ある種の乳化剤に発毛の効果があることが偶然発見されました。
その乳化剤はポリソルベートという食品にも使用されている安全性の高い成分です。

そして、その後の研究で、ポリソルベートには休止期中の毛根を成長期へと移行させ、発毛を促す特殊な働きがあることが確認されました。

発毛を阻害している「成分を取り除く」という発想

ヘルシンキ・フォーミュラの基本的な考え方は、発毛を阻害している成分を取り除くことにより、その人が持つ「発毛力」を取り戻すことにあります。髪の成長や脱毛の原因となる過剰な皮脂やDHT(ジヒドロテストテスロン)、コレステロールなどを、ポリソルベートの働きにより、頭皮にダメージなく取り除く技術がヘルシンキ・フォーミュラの基本です。

世界各地の臨床結果

ヘルシンキ大学における研究過程で、
このポリソルベートを使用した臨床試験を行っています。

右のグラフは、男性型脱毛症に悩む被験者110名に対し、28週間(6か月)の治療を行いました。

その結果、再発毛は8週間で8名、12週間で12名、最終28週間で66名。
約60%に再発もの効果が見られました。

臨床結果グラフ

医学誌にも発表された
ヘルシンキ大学の研究レポート

ヘルシンキ大学で実証されている、
ヘルシンキ·フォーミュラの発毛力

ヘルシンキ大学では、抜け毛に悩む320人の被験者から頭皮の組織片を採取し、組織学的に研究したところ、頭皮に詰まったコレステロールをはじめとする‘悪玉のアブラ’が脱毛を誘引し、発毛を妨げることが確認されました。さらに、同大学では毛穴に蓄積された皮脂を肌に負担をかけずに取り除く「乳化成分」を研究・開発しました。
「乳化力」を最大限に引き出した<ヘルシンキ・フォーミュラ>の育毛効果は、以下の臨床検査でも確認されています。

ヘルシンキ大学(1978年)対象人数:男女320名 試用期間:28~38週間
結果内容 調査期間 調査率
再発毛 6〜12ヶ月 60%

<その他にみられた項目>

  • ●過度な脱毛の停止、又は顕著な減少(平均2~4週間)
  • ●フケの組成の停止又は顕著な減少(平均2~4週間)
  • ※炎症、アレルギー、過敏症などいかなる炎症も見られなかった

フランスの皮膚科医師による
レポート

フランスでは発毛だけでなく、髪だけに対する他の効果に関してもモニターを通じで臨床試験を行っています。

フランス皮膚科医70名(1983年)対象人数:男女420名 試用期間:30週間
結果内容 調査期間 調査率
脱毛の改善 30週 87%
脂漏症の改善 30週 75%
美容的効果(6週目での調査) 6週 71%

アメリカの
モニター調査

アメリカ モニター調査(1988年) (調査機関Marketing Development Group) 対象人数:男女579名 試用期間:6ヶ月
結果内容 調査期間 調査率
脱毛の減少 6ヶ月 70%
脱毛の停止、及び再発毛 6ヶ月 50%
  • ※試用期間を延ばすことで、さらに効果率は向上します。
  • ※ヘルシンキ・フォーミュラはヘルシンキ大学の研究、試験の結果その処方が作られた製品です。

ヘルシンキ大学で行われた臨床実験より

効果が現れるのは一般的に、

  • ・男性型脱毛症の人に、より効果が高い
  • ・健康状態や年齢によって違う
  • ・早めの対応はそれだけ回復も早い。

早い人では2~4週間抜け毛が減少し、平均9ヶ月で発毛する

  1. 2~4週間で抜毛が減少※約4ヶ月で80%の有効率

  2. 1ヶ月くらいでフケが止まる

  3. 髪にコシとツヤが出てくる※約6週間で71%の有効率

  4. 9ヶ月くらいでうぶ毛が発毛する※約60%の有効率

【初期脱毛について】

育毛剤を使い始めのころ、もともとある(弱った)髪や生えてきた髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちてしまうことがあります。これは初期脱毛と言って、育毛剤の効果によって次に生えてきた髪が、弱った髪を押し出すように抜け落ちるためです。
最初に発毛する髪は細く、成長期間もそれ程長くないため、比較的早くに抜けてしまいます。しかし、次から生えてくる髪は少し強めの髪で長く伸びます。個人差はありますが、この段階までに約6~9ヶ月かかり、その後に普通の強い髪が現れます。

今までご使用の育毛剤で期待した効果は得られましたか?

どんなに高い育毛剤を使ってもなかなか効果が得られないことがあります。
それは、育毛剤そのものよりも他のさまざまな要因があるからかもしれません。

結論から言ってしまうと、多くの方が見落としている要因はずばり、

「毛穴環境の改善」です。

頭皮の毛穴が皮脂で詰まっていては、育毛剤の有効成分が毛穴の奥の細胞まで届かず、十分な効果を発揮できません。
「薬用コンディショナー」は育毛ケアを考え抜いた末に誕生した製品(処方)で、頭皮の毛穴環境を整える力に優れています。
その処方は、毛髪が育つために障害になっている原因物質を、ムリなく取りのぞくことにより
「人間の本来持つ毛髪力を促し、健康でハリのある髪を育てる」
つまり、自然治癒力を高めることにあります。
特に「今までの育毛剤に満足できなかった方」へ、もう一度弊社の製品で育毛ケアを見直してみてはいかがでしょうか。

次へ

毛穴環境を改善するヘルシンキ大学で研究された育毛剤薬用コンディショナーって?

育毛2大ケア「頭皮(毛穴)環境の改善」「育毛/養毛」 両方に効果的!

育毛剤選びをするとき、「育毛/養毛」に意識が行っていませんか?

一般的に「育毛ケア」というと、頭皮の汚れを清潔にする
「頭皮環境の改善」と栄養補給や血行促進する「育毛/養毛」2種類に分けられます。

市場で販売されている育毛剤を見ますと、ほとんどの商品が「育毛/養毛」として“毛穴の奥の細胞”に働きかけ、毛髪産生を促す役目を担っており、“毛穴をふさぐ原因”になる皮脂汚れなどの「頭皮環境の改善」は育毛系シャンプーに任せております。そのため、高価な育毛剤を使ったとしても頭皮環境のケアが不十分で、成分浸透の入り口である

毛穴がふさがれた状態では「毛穴の奥の細胞」まで育毛成分が届かず、思うような効果が得られないことになります。育毛ケアで先ず、すべきことは「頭皮の毛穴環境」を整えることが必要なのです。

そして、毛穴に日々蓄積される皮脂汚れは頑固で

(※)例え、育毛系のシャンプーであっても、多くの製品は頭皮の表面を洗浄するに留まります。これでは育毛剤の効果を十分に発揮できません。

しかし、「薬用コンディショナー」は
毛穴の奥まで清浄化します!

頭皮の毛穴環境を整える「薬用コンディショナー」の実力

  • ①このままだと洗っても落ちにくい毛穴に詰まった皮脂汚れ

  • ②配合の乳化成分が皮脂汚れを溶かす

  • ③毛穴の中がすっかりキレイに

「薬用コンディショナー」は優れた乳化作用(皮脂を落としやすくする)で、頭皮表面の皮脂汚れはもちろん、毛穴をふさいでいる皮脂汚れを溶かし出すことにより、毛穴を清潔に保ちます。さらに、血行促進などの有効成分が頭皮に栄養を与え、発毛を促進します。つまり、「頭皮(毛穴)環境」と「育毛/養毛」この2つを効率的にケアできるのが「薬用コンディショナー」なのです。
※)毛穴から分泌された皮脂は、約12時間で粘性のある皮脂に変質し、毛穴をふさぐといわれています。

育毛シャンプーでは不足なの?

何で2つの効果があるの?

薬用コンディショナーの主成分
「ポリソルベート」「ヘルシンキ大学」で研究された乳化剤

「薬用コンディショナー」は、フィンランドのヘルシンキ大学で、臨床試験を経て5年間研究された独自処方の乳化剤「ポリソルベート」が主成分で、ポリソルベートに触れた粘性のある皮脂は「素早く溶解」を始めます(乳化作用)。

そして、この成分は世界的にも基準の厳しいFDA(アメリカ食品医薬品局)でも安全性が認められており、通常の洗浄剤のようにイオン化しない(肌荒れしない)ので、強力な洗浄剤を使う必要がなく、肌に負担をかけず、安心してご使用になれます。

この研究を積み重ねた結果生まれた「独自処方のポリソルベート」のおかげで、育毛系のシャンプーでもなかなか落としずらい、毛穴に蓄積された頑固な皮脂汚れを乳化させ、効率よく「毛穴内部まで清浄化」します。先述の通り一般の育毛剤は、多くが「育毛/養毛」のみを担っており、また、育毛系シャンプーより効果の高い「毛穴環境の改善」までできる商品は他では見られせん。

この「ポリソルベートの乳化力」と育毛効果を高める「有効成分」を専門の技術で組み合わせ、育毛ケアを十分に考え抜いた末に誕生したのが、この育毛剤(処方)なのです。「薬用コンディショナー」が他の育毛剤と一線を画すところは、まさにこの処方技術になります。

乳化成分はその用途により数多くあり、ポリソルベート自体も親油性のものから親水性のものまで多くあります同じ乳化成分でも実際に頭皮に効果のあるものはその一部しかありません。「薬用コンディショナー」に含まれるポリソルベートは、毛穴の中に目詰まりを起こしている皮脂に対して、安全に、最大限の効果を得られるよう考えられ、ヘルシンキ大学で研究を積み重ねた結果生まれた独自の製法で作り上げています。

独自処方の「ポリソルベート」が
毛穴内部を乳化する様子

乳化の仕組み配合された乳化成分が皮脂汚れを乳化し、除去!

つまり、違いはここ!

  • 育毛シャンプー

    一般のシャンプーと比べ育毛には特化しているが、皮脂の洗浄は頭皮表面にとどまり、多く毛穴の奥まではケアできない。

  • 薬用コンディショナー

    育毛シャンプーでもケアしきれない
    「毛穴を清浄化」する
    能力に優れている。

    「育毛/養毛」
    効果も持ち合わせる。

  • 育毛剤

    栄養補給や血行促進、細胞活性など優秀な働きをするが、成分が毛穴の奥まで届く必要があり、単体では効果を最大限に発揮できない。

そしてセットの育毛系シャンプー
「スカルプシャンプー」

ポリソルベートで溶かしだした皮脂を
効率的に洗浄する

スカルプシャンプーとは?

スカルプシャンプー

育毛系のシャンプーとして、「ポリソルベート」を組み合わせることにより洗浄効果をUPさせ、頭皮の補修や栄養を与える成分を多数配合させ誕生した、育毛ケアに特化したシャンプーです。
薬用コンディショナーと同様に、こちらも発売から25年になる超ロングセラー商品となり、多くの方からご支持を頂いております。

他者様のシャンプーをご使用になっていただいても大丈夫ですが、弊社の「スカルプシャンプー」は使用感アップのためのトリートメント剤や過剰な起泡剤など、育毛に不要な成分を使用していません。そのため、毛穴を詰まらせるような「余計な成分は残さず」頭皮をしっかりと洗浄します。

例えば、アミノ酸系シャンプーなどは髪にマイルドな反面、保湿成分が残り毛穴をふさいでしまうことが懸念されます。「スカルプシャンプー」は余計な成分を残さず、キレイに髪と頭皮を洗い上げます。弊社のセットをお使いいただくことで、個々の製品の能力を最大限に引き出すことができます。

要するに、このセットだけで
十分な育毛ケアが実現できるのです。

次へ

今ならさらに
「アクセルレーター30ml」を

血行を促進する

アクセルレーターとは?

スカルプシャンプー

頭皮では、毛穴の奥の「毛乳頭」から栄養を受け取ることで新しい髪が生まれます。その毛乳頭に栄養を届けるのは「毛細血管」であり、髪が成長するためには、流れの悪くなった頭皮の「血行を促進する」ことが重要になってきます。

「アクセルレーター」は、「薬用コンディショナー」の血行促進効果をさらに増強する製品として、主成分(1%配合)のビタミンEが頭皮の血行を促進し、また、配合のタカナールとの相乗効果で「髪にハリとコシ、ボリューム」を与えます。

「薬用コンディショナー」でキレイになった頭皮に、毛穴を詰まらせるような余計な成分の入っている育毛剤を使っては元も子もありません。弊社では、本格的な育毛ケアをされる方に特におすすめしている製品です。

長年ご愛用いただいている方に多くご支持いただいており、一度使ったら手放せない製品です。

ここでちょっと一息コーヒーブレイク発毛剤と育毛剤

市場では血圧やホルモンバランスを操作し発毛を促す製品があります。医薬品として一定の効果は法的に認められているものではありますが、強く効果が期待できる分、副作用が心配になります。

もちろん、用法容量を守れば多くは心配することもないのかもしれせん。しかし、人体にもともとある体質や物質を変化させての処方は注意深く使用する必要があります。

弊社の育毛剤は、上記のように体質を変化させるものではなく、育毛を阻害している原因物質をムリなく、
安全に取り除くことにより「人間の本来もっている生える力」を最大限に発揮させることに重点が置かれています。

また、発毛剤を使用したとしても、有効成分が毛穴の奥の細胞まで届く必要があることは育毛ケアと同じであり、毛穴環境を整えることはどのようなケアをするとしても、大切なことなのです。

ところで、

次へ

ここでおさらい、

  • 抜け毛のメカニズム
    (男性型脱毛症)

  • 健康的な毛穴の状態

    健康的な毛穴の状態
    細胞分裂も活発で毛髪が健康に成長している状態。

  • 毛穴に皮脂汚れが

    毛穴に皮脂汚れが
    毛穴に皮脂汚れが入り込んで...。

  • 脱毛の原因物質が

    脱毛の原因物質が
    テストステロンが5aリダクターゼにより、
    脱毛の原因となる
    ジヒドロテストロン(DHT)に変化。

  • DHTによって

    DHTによって
    成長期の毛根でも細胞分裂が行われず、
    毛包が収縮する。
    ※成長期(ヘアリサイクル)については後述。

  • 短い寿命で脱毛

    短い寿命で脱毛
    本来の寿命よりも早く脱毛するだけでなく、
    毛穴の環境も悪いので
    次の毛が育ちにくい環境となる。

抜け毛の原因と有効ケア

原因と有効ケアに薬用コンディショナーは働きかけます!

男性型脱毛症(AGA)や薄毛は、通常、育毛剤だけ使えば改善されるわけではありません。育毛剤の目的は、あくまでも原因の1つを改善させることにあります。 偏った食生活や睡眠不足、運動不足やストレスなど、育毛を阻害しているさまざまな要因を意識的に改善していく必要があり、総合的な育毛ケアを行った上での結果として成果が現れるのです。

ヘアサイクルとは

髪の成長サイクル

毛髪は上図のように、発毛と脱毛を繰り返しています。長年の研究で薄毛は、何らかの要因で「成長期」が短くなり「休止期」が長くなることによって、毛髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうことが分かっています(うぶ毛程度の成長で抜け落ちてしまうこともある)。

そして、それを誘発するのが男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」や「過剰なコレステロール」と言われ注目が集まっています。髪の成長阻害や薄毛の原因となるDHTや過剰なコレステロールなど、皮脂と混在している原因物質を、頭皮に負担をかけずに清浄化する技術がヘルシンキ・フォーミュラの乳化技術です。

ヘルシンキ大学で研究された乳化成分「ポリソルベート」は、頭皮に詰まりやすい皮脂よごれをしっかり溶かして落とすことにより、理想の頭皮(毛穴)環境に近づけ、発毛を促すのです。 ご利用いただく方すべての頭皮を清潔にし、本来の自然なヘアサイクルを甦らせる。それがヘアケアの本質だと考えています。

FAQ(よくあるご質問)

アクセルレーターをつける場合は薬用コンディショナーはいらない?
ご使用にならなくても大丈夫ですが、アクセルレータ―は粘性があるため薬用コンディショナーと混ぜて使用いただくと使いやすくなります。その際、薬用コンディショナーの量は少なくして頂いて大丈夫です。
「薬用コンディショナー」の特長はわかりました。でもシャンプーや育毛剤は他社のものを使いたいです。
ご使用いただいても大丈夫です。但し、アミノ酸系シャンプーなど毛穴にとって余計な成分が残ってしまうシャンプーは育毛剤の効果を低減させる懸念があるため、お勧めできません。また、育毛剤は他社様の製品をご使用の場合でも、肌に負担をかけずに毛穴の奥までケアできる「薬用コンディショナーの乳化技術」は他社製品には見られません。どのような育毛剤をお使いでも、薬用コンディショナーのご使用は強くお勧めいたします。
※「頭皮の毛穴の清浄化」は、育毛ケアには外せないものです。
副作用はありますか?
ございません。「薬用コンディショナー&シャンプー」は薬物を含まないので、安心してご使用いただけます。但し、使用中に痒みや湿疹が現れた場合は、肌に合わない可能性がありますので使用を中止してください。
医薬部外品ですか?
「薬用コンディショナー」は医薬部外品です。「スカルプシャンプー」の分類は化粧品になります。
白髪が黒くなりますか?
過去には黒髪が生えてきたと言う方もいますが、もともと目的が違う商品なので「必ず」とは言えません。

販売担当者からのひと言

先述の通り、どれほど高性能な育毛剤を使用しても毛穴の奥、毛髪を作る細胞まで育毛成分が届かなければ思うような効果は望めません。先ず何をしたらよいのか。それに応えられるのがヘルシンキ・フォーミュラの処方技術なのです。そして育毛ケアは、長く根気強く、腰を据えて続けることが必要になります。

すでにいろいろな製品を試してきた方はご存知と思いますが、どのような製品を使用になったとしても、毛髪が成長するヘアサイクルから見て、最近少し髪が増えてきたかなと感じるのは、早い方でも6~9ヶ月程度はかかります(個人差はございます)。

そこから安定的に維持、増やすためには、毎日の育毛ケアが必要になります。また、日々の食習慣や生活習慣も育毛に大きく関わってきます。 抜け毛が始まってから何年経っていても、毛根が退化していなければ「80%」の方は育毛の効果を期待できると言われています。 手間がかかり大変ではありますが「今日一日のケアが未来の一日になる」と思って頑張ってください。 また、効果がなかなか実感できず諦めてしまった方など、再びこのページをご覧になって育毛意識を再燃焼していただければ幸いでございます。

薬用コンディショナーandシャンプー

使用方法やご質問など、分からないことがございましたらお気軽にご連絡を頂ければと思います。 それでは、今後ともヘルシンキ・フォーミュラをどうぞよろしくお願いいたします。

販売責任担当者:荒木